東京から都立直営病院をなくすな!小池都知事、都立・公社病院の独立行政法人化を独断表明!
2020年1月22日


04
独立法人化撤回、都立直営で都民のいのちを守る都立病院の充実を求める署名、宣伝行動を展開=2019年12月16日〈しんぶん赤旗より〉
 小池知事は昨年12月、厚生労働省が突如打ちだした424の公立・公的病院の「再編・統合」に呼応し、8つの都立病院と6つの公社病院を地方独立行政法人化することを突然、表明しました。独立行政法人は公的部門の民営化の第一歩であり、経営効率化が優先され、公立病院の役割が切り下げられ、都民負担が増えることにつながります。
 都立病院は、小児、周産期、難病、障害者、災害医療など都民に必要な医療を行うことを使命にしており、全国の独立行政法人では、これらへの財源が削減され、安定した医療が行われなくなっています。庁内合意もなく、都民への説明もなく強権的表明を行った小池知事の態度は、知事としての資格が厳しく問われています。
 「都立病院の充実を求める連絡会」は都民と広範な都民団体とともに独立法人化撤回、都立直営で都民のいのちを守る都立病院の充実を求める署名、宣伝行動を展開しています。


笑顔つながる東京を 最新ニュース
社会保障
地球環境
ゆたかな教育
防災対策
都政のあり方
革新都政をつくる会とは
関連団体リンク
サイトマップ
2014年都知事選挙へ
旧WEBサイトへ