安倍政権の退陣を!憲法かがやく新しい政治を
2018年5月15日


なくせ貧困・格差 8時間働けば暮せる社会を!
02
 5月1日、◇9条改憲反対◇戦争法廃止安倍政権の退陣を!◇なくせ貧困・格差8時間働けば暮らせる社会を!◇辺野古新基地建設反対震災復興原発ゼロをと、第89回メーデーが全国307ヵ所で開かれ、約15万人以上が参加。代々木公園には2万8千人(主催者発表)が参加して中央メーデーを実施。都内3コースをデモ行進し、「安倍内閣は総辞職せよ」
03
「憲法9条守ろう」「長時間労働なくせ」と書かれたプラカードや“森そばと加計そば”を並べた「そば処・あきえ庵」のデコレーションでアピールしていました。


9条改憲NO!平和といのちと人権を!
04
 憲法施行から71年となる憲法記念日の5月3日、安倍政権による改憲の動き、憲法を無視・破壊する「暴走」に共同の力で立ち向かおうと、東京有明の東京臨海防災公園で「9条改憲NO!平和といのちと人権を!5・3憲法集会2018」(同実行委員会主催)が開催。6万人が参加(主催者発表)。戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会と安倍9条改憲NO全国市民アクションが共催しました。ステージ上で手をつないだ立憲野党・会派の5人の代表とともに、「憲法守ろう」「9条改憲NO !」「安倍政権退陣」とコール。集会後2コースに分かれパレードしました。安倍政権下での9条改憲に反対して昨秋から全国で集められている署名の中間報告があり、1350万筆に達したと発表されました。

非核の願いと憲法9条 輝かせる国の実現へ
05
 5月6日、被爆地・広島、長崎をめざして歩く「原水爆禁止国民平和大行進2018」(東京―広島コース)が江東区の夢の島から出発しました。出発集会には800人以上が参加。開会あいさつした原水爆禁止世界大会実行委員会運営委員会代表の高草木博さんは、朝鮮半島の統一と平和と非核の目標が合意され、アジアと世界の平和へ大きな一歩が始まろうとしていると指摘。「次の一歩は日本で踏み出さなければならない。非核の願いと憲法9条を輝かせる国の実現へ歩みだそう」と訴えました。集会後、都内を行進しました。


笑顔つながる東京を 最新ニュース
社会保障
地球環境
ゆたかな教育
防災対策
都政のあり方
革新都政をつくる会とは
関連団体リンク
サイトマップ
2014年都知事選挙へ
旧WEBサイトへ