都政転換地域から(22) 安保法制(戦争法)廃止めざすオール大田実行委員会 野党5党勢揃いの訴え
2016年3月15日
寺田 末美(大田区労働組合総連合・事務局長)

photo
 大田では昨年7月に弁護士9条の会・大田の呼びかけで「戦争法案廃止」の一点での大田区での共同の組織「戦争法廃止オール大田実行委員会」(オール大田の会)を結成しました。現在、月1回程度の実行委員会(各参加団体、各個人)と、運動の準備をするスタッフ会議(現構成は弁護士9条の会・おおた、戦争をさせない1000人委員会東京南部、憲法改悪反対大田区共同センター、怒れる女子会@大田)を合議制で進めています。
 1月9日(土)『戦争法廃止ニューイヤー宣伝・大田』(JR蒲田駅西口、午後2時~3時)を行いました。参加者は170名、署名が350人余でした。
 12日にはオール大田の10名で衆参議員の5野党に「戦争法廃止で野党は共闘を」と「2月21日の蒲田駅前での大宣伝署名と各野党の街頭宣伝(500~1000名規模)に参加を」の要請訪問を行い、5野党議員のみなさんは「オール大田大宣伝」には積極的に参加したいと応えてくれました。
 1月20日(水)は憲法改悪反対大田区共同センター主催で「2千万統一署名」を成功させ、「野党は統一」「安倍政権退陣・戦争法廃止・立憲主義を」と意思統一を行うことを目的に、全労連副議長の長尾ゆり氏を講師に「2千万統一署名成功を目指す学習・交流決起集会」を開催、80名余の参加、区内11団体活動と署名目標をやりきる決意の表明もされました。
photo
「野党5党勢揃い行動」戦争法廃止などの訴え=2月21日、蒲田駅前
 2月21日、戦争法廃止オール大田実行委員会主催の「5野党勢い戦争法廃止総がかり行動」には、800名を超える参加者で、大勢の迎える中、民主党・小川敏夫さん(参)、共産党・小池晃さん(参)、維新の党・初鹿明博さん(衆)が登壇(といっても蒲田西口ひろばの丸い所)すると大きな拍手と「野党は共闘」のコールがおきました。新宿や渋谷でもない、国会前でもない、「蒲田」で野党は共闘・市民も共闘のうねりが起こった感じでした。社民党・福島みずほさん(参)、生活の党の共同代表小沢一郎さん(衆)、山本太郎さん(参)からはメッセージが届きました。
 2月19日に5野党が共同で「戦争法廃止法案」を提出し、5野党が合意をした直後ということもあり参加者の期待も膨らみました。また「安倍政権を打倒」への真摯な共闘に向けた努力・行動も実感し、これを後押ししたのはやはり私たちだと思いました。
 地域からは赤ちゃんを抱っこした看護師、医師、高校の元校長先生、怒れる女子会@大田やママの会大田などがリレートークしました。2千万人署名は637筆以上寄せられました。
 大田区共同センターは2千万署名をやり上げるために署名推進委員会へと発展強化し、毎日曜日に会議を開いて推進を強めているところです。
 2千万署名運動で世論を高め、労働者・国民が大事にされる政治への大転換を!☆大田区共同センターの2千万署名(大田10万)は現在3月5日で2万8800筆です。

笑顔つながる東京を 最新ニュース
社会保障
地球環境
ゆたかな教育
防災対策
都政のあり方
革新都政をつくる会とは
関連団体リンク
サイトマップ
2014年都知事選挙へ
旧WEBサイトへ